Professional ones, language

必要なこと

TOEFL対策で必要なこと

TOEFLに似たテストにTOEICと呼ばれるものがある。しかしこれらの実態は全く異なるものであるといえる。より効果的なTOEFL対策をするためにも、はっきりと違いを認識しておく必要がある。まず、TOEICがReadingとListeningの二項目で構成されているのに対し、TOEFLはReading, Listening, Speaking, Writingの四項目で構成されている。加えてSpeakingやWritingにはそれぞれの設題に、ReadingやListeningの要素が盛り込まれたものが出題される。したがってTOEFL対策には、四技能を満遍なく伸ばしていくことが重要となる。 またTOEICではビジネス関連の問題が多く出題されるが、TOEFLのスコアは英語圏の高等教育機関への入学の際に必要とされるため、アカデミックな内容のものが多い。そのためTOEFL対策では、TOEICのそれとは異なるアプローチが必要である。TOEFL対策のためにはこの二点の違いに留意して、より効果的な学習を行いたい。

苦手項目を克服するために

TOEFLはReading, Listening, Speaking, Writingの四項目で構成されている。日本人である我々にとってReadingやWriting、Listeningなどはある程度馴染みがあり、得意とする人もいるのではないだろうか。しかしSpeakingの項目は、多くの人が苦手意識を持つ項目であると考えられる。しかし必ずしもTOEFL対策に英会話が必要なわけではない。なぜならTOEFLのSpeakingテストは対面式でなく、コンピュータに向かって一人で回答する形式だからである。つまり過去の出題形式を把握しておき、自分なりのSpeakingのテンプレートに沿った回答ができるようなTOEFL対策を行えば良いということだ、また各設題は決められた秒数以内に回答する必要がある。日ごろから、秒数以内に考えをまとめて回答するという練習を含むTOEFL対策を行う必要があるだろう。このようなTOEFL対策で、苦手項目でもしっかりとスコアを獲得できるだろう。