Professional ones, language

ワーキングホリデーで身に付ける

これまでの歴史や変遷

主に若い方を対象にしたプランとしてワーキングホリデーと呼ばれるものがあり、比較的長期の海外滞在が出来るのが特徴です。今では多くの学校などで提供されているプランとなっていますが、このようになった歴史の流れについて調べていきます。 日本で最初にワーキングホリデーが行われたのは1980年ごろであり、オーストラリアとの間で始まったとされています。当時は今よりも飛行機代が高い傾向があり、社会人の給料の約半年分ほどかかるものもありました。そこでもっと効率よく海外旅行をしてもらうためにと作られたのがワーキングホリデーであり、プラン提供と同時に利用者も増加していく形となります。その後も加盟国も次々と増えていく形となってゆき、それが現代にも受け継がれている形となっているのが特徴です。

今後の動向についての予測

ワーキングホリデーでは比較的長期間海外滞在が出来る制度であるため、多くの日本人に人気のプランとなっています。そこでこのワーキングホリデーという制度が、今後どのように需要が変化していくかを予測していきます。 ワーキングホリデーには確かに海外での生活費を稼ぐという目的もありますが、それ以外にも大きな要因があります。それは海外の文化を直接体験出来る点やスキルアップであり、これはワーキングホリデーならではの特典ともなっています。特にスキルアップについては現地では日本語を使用できないことが多いため、多くの方が外国語スキル向上のために利用している傾向があります。なので多くの方にとってワーキングホリデーを行うことに高い意味があるため、需要については今後も減少することはないと予測出来ます。